ネットに踊らされた話

森皮フ科クリニック院長の中央林間日記 は移転しました。

約2秒後に自動的にリダイレクトします。

しばらくブログの更新をサボっていました。

もし万が一、楽しみにしている人がいらっしゃったらごめんなさい。

ただ、ちょっと忙しくてブログを書く暇がなかったんです。

いったい何に忙しかったのかと言いますと、アルミ箔です。


いまから3週間ほど前、ネットのニュースに

「アルミ箔を丸め続けたら、神々しくなった」

という記事が出ていたのを覚えていらっしゃるでしょうか?


[:large:left]


アルミ箔を丸めて、カナヅチで打って固めていくと、画像のようになるそうなんです。

イメージとしては、アルミで作る泥団子のようなものでしょうか?

そういえば、クリニックには器具の滅菌のために山ほどアルミ箔を使い、無駄に捨てられていきます。(まあ、無駄じゃないんですけどね)

なんとか再利用できないかと思っていたので、この記事には飛びつきました。


ヒマを見つけてはコツコツコツコツ、アルミボールをカナヅチで固める作業に没頭したのです。

ところが、いくら頑張っても

[:large:left]

このくらいがいいところです。(これも、別の方の作ったアルミボールの画像ですが)

上の画像のような「神々しい」ところまでは行きません。


そしてついに、カナヅチの打ちすぎで腱鞘炎になりドクターストップが掛かってしまいました。(まあ、ストップをかけたドクターは私自身ですが)

ネットの記事をそのまま信じて真似するのもいかがなものか、って話ですね。

45歳の11月は一生に一度しかないというのに・・・・


ちなみに、クリニックでは新しいフォトフェイシャルのキャンペーンが始まっています。

新機械導入でかなりお得になっていますので、興味のある方はクリニックまでどうぞ!