ある日の、医師と医学生の会話

森皮フ科クリニック院長の中央林間日記 は移転しました。

約2秒後に自動的にリダイレクトします。

息子がちょうど今、骨学実習をやっているそうです。

「なんか、納得がいかないんだよね。閉鎖孔ってあるじゃん」

閉鎖孔というのは、恥骨と坐骨に囲まれた穴のことです。



よく骸骨の絵にも出てきますよね。


「閉鎖孔って名前、そもそもおかしくない?」


息子が言うには、閉鎖してたら孔(あな)じゃないだろ、と。


まあ実際には、骨の状態では孔(あな)が開いていて、生体では靭帯で閉鎖されているんですけどね。


とりあえず、先達として教えを垂れてあげました。


「そういう矛盾してる名前ってのはあるもんさ。よくほら、『清純派AV女優』っていうだろ。よく考えるとおかしいんだけど、もうそういうモンとして認識されてるからしょうがないってパターン」


「あー、 『素人AV女優』みたいな? 素人だったら女優じゃないし、女優だったら素人じゃない。どっちかはっきりしろ、みたいな?」


「まあ、そういう素人物は大概仕込みの女優さんらしいぞ。あとはそうそう、 『ニューハーフAV女優』ってのもその一種だな。ニューハーフって時点でもうすでに女優じゃないし」


「なるほどねぇ。じゃあ、閉鎖孔ってのもアリなんだ」


素晴らしい。全て『AV女優』を使った比喩だけで意思の疎通ができました。


さすがは医学の道を志す者同士ですね。