高知に行ってきました

森皮フ科クリニック院長の中央林間日記 は移転しました。

約2秒後に自動的にリダイレクトします。

GWも終わったばかりだというのに、
土曜日を休診にさせていただいて

高知で行われた学会に行ってきました。

学会自体、臨床皮膚科学会という開業医メインの集まりで
わりとアットホームな感じだったのですが


空いた時間に、ちょっと観光しようと立ち寄ったところが
またすごかったのです。


その場所は、桂浜、という有名な観光名所で


そこに、桂浜水族館という小さな水族館がありました。

私は、案外水族館に行く機会が多く
八景島江ノ島、大洗といった有名どころに何度か足を運んだことがあります。


それらに比べると、ここの水族館の規模は十分の一にも満たないと思うのですが


しかし、結論から言って


桂浜水族館日本一面白い水族館に認定します


たっすいがはいかん、じゃないですが


高知の人の気質として、行け行けどんどん!!


みたいなところがあるようで、なんでもボリューム勝負、迫力勝負です


例えば、ウツボ一つとっても、水槽の中にいるウツボの数が半端じゃありません。


まるで、電話ボックスに何人入るか競争をしているかのように


狭い管の中にいるわいるわ、正直、気持ち悪いです


あと、海亀にエサがあげられるのですが、
亀の方の食べ方が下手で、人間の手に一直線に噛み付いてくる感じです。

子供なら、ビビって泣くでしょうし、手を食われた子供も年間10人はいると思います


だいたい、海亀にエサをやるなんてハワイとかだったら、絶対禁止です


断言します。この水族館は「三ツ星」
つまり「ここに来るためにわざわざ旅行を企画してよいレベル」ですね。

(あ、でも、そんなに時間はつぶれませんよ。1時間あれば十分かも)