運動会シーズンです!

森皮フ科クリニック院長の中央林間日記 は移転しました。

約2秒後に自動的にリダイレクトします。

もうすぐ、運動会という学校も多いかと思います。

ウチの娘も、毎日運動会の練習をしているようです。

そんな娘が、ある日、プリプリ怒りながら帰って来ました。

どうしたのか聞いてみると、


「先生、ずるい!」



というわけです。学校で、ひいきでもあるのかなとさらに聞くと、



「玉入れの練習で、白組ばっかり勝ちになる!」




なんでも、運動会で紅白対抗の玉入れがあって、その練習を今週三回くらいやったそうです。



音楽に乗って入場して、玉入れの隊形にひろがって競技開始、


ただ、練習では実際に玉入れはせず、そのあと入った玉を数えてるフリをして


「どっちが勝った、」ということにして、バンザイして、退場、という練習です。


娘が気に入らないのは、


その仮の勝敗の裁定が、いつも「白組が勝った」ということになる


しかも、玉入れの仕切りをする先生が白組の担任の先生なので


「ずるい」(もちろん、ウチの娘は赤組)



というわけです。


「そんなのただの練習なんだから、いいんじゃない? 本番で勝てばいいんだし」


といっても、


「練習だって負けるのはイヤ!」 どんだけ、負けず嫌いなんでしょう。


学校の先生も大変ですね。